Img_b5627df6a687e3f8213fdf955edc06ca5b356a3e
今年は、
かつてないくらい色濃い充実した5月だったように思います。

4月末のたまプラーザの山野楽器さんの野外イベントから始まり、
おなじみホームベース下北沢ティッチャイで弾き流しをし、
岡山へ演奏に行き、中川正子さん達とかけがえのない時間を過ごし、
ナイスフェスでライブしてキャンプして新曲発表して、
(そして友人達にバースデーのサプライズをしてもらったり!)
アムリタ食堂でウリョンさんととても楽しいライブをし、
二人スケッチ展「サボマルコのアイルランド旅行記」をして。。。

ああ、生きてるなあ。
一つ一つ思い返すとそれぞれのドラマに涙が出そうになる。

出会えたみなさん、本当にありがとうございました。


メールや手紙、追いついていないけれど、
素敵な時間を共有してくれた一人一人について思うこの感謝の気持ちが
テレパシーのようにびしーっと伝わったらなあ、なんてよく思います。

でも今ふと思った。あれ、どうなのだろう。

身勝手かもわからないけれど、なんとなく、
びしーっと伝わっているような気もする。

その時間をかけがえない時間だ、と確信して全力で一緒に楽しんだその時から。
絆と言ったらいいのだろうか。

少なくとも私は、全身で時間を味わってくれる姿をみて、
「ありがとう」とおんなじくらいのエネルギーをもらう。
そして歌に、心をこめて全身で「ありがとう」を届ける。

歌をうたっていてよかったな、と心から思う。


活動をずっと続けていても、相変わらず
楽器を手にする前、一人本番前の緊張感というものはほとんど戦いに近い。

それでもこうして歌い続けていられるのは、その戦いの向こうに
かけがえのない喜びや、出逢いや、言葉にできないくらいの感動があるからだ。

一緒に過ごした絆に、出逢いに、


ありがとう。

Img_cc04c51161a35c9c6b213e8e28098692c3a6ecdb
久しぶりに日記で気持ちをうんとかいたように思います。
ふう。
それだけ感謝で、感動でいっぱいなのです。


さてさて、気持ちをしゃんとして!

今吉祥寺アトリエおうちで展示中のスケッチ展「サボマルコのアイルランド旅行記」

6月2日の今日がいよいよ最終日です!
右の壁にはabarayamあかりちゃん、
左の壁にはサボテン高水、
スケッチがところせましと飾られています。

今日は1日いますので、
六角アコーディオンコンサルティーナ、
手回しオルゴール、
アイルランドの笛ティンホイッスルなどで
皆さんをお迎えします。

小波カフェさんの体にやさしいお菓子のコラボがまた素敵!(残りわずかですよー!)

程よく脱力した空間、ぜひまったりしに来て下さい。

期間延長を望む声もいただき、今あかり先生と相談中です。乞うご期待。

アトリエおうち (Click!) 


そして、

明日の朝より、わたくしギターと共に熊本へいって参ります!
5月岡山に引き続き、
写真家中川正子さんの「新世界」巡回展、熊本で歌わせていただくことに
なりました。
正子さんと、そして正子さんの作品と共に様々な場所で音楽を紡げることは
本当に幸せなことです。

ファッションデザイナーのJUN OKAMOTOさん、
tetorigarden若松剛さん、との新しい出会いも
心から楽しみです。

「新世界」イベント・展示詳細
中川正子さん (Click!) 
JUN OKAMOTOさん (Click!) 
tetorigardenさん (Click!) 
サイト内 (Click!) 


胸が高鳴る土曜日の朝。