西荻窪のアイルランドにて

ヨーロッパの、とりわけ
アイルランドやウェールズの
トラディショナルソングを聴くと、
なぜでしょう。胸がいっぱいになります。
そんなに詳しい訳でもないのですが、
初めて聴くはずの曲でも
とてつもなく懐かしい気持ちで
涙が溢れたりします。
そんな歌に対する懐かしさの根底が
たぶん彼女と共通しているのでしょう。
藤井貴子さん。
シンガーでありマウンテンダルシマー奏者であり、ヨーロッパのトラディショナルソングを愛する表現者のお一人。
貴子さんとはご近所のケーキ屋さん繋がりでお会いしましたが、
歌を初めて聴いた時から
この懐かしさと安心感。
生き様そのものが詩であり曲のような表現者さんが私は大好きで、
貴子さんはまさにそういった人、
歌もお人柄も大好きな歌い手さんです。
西荻窪のアイルランドとの異名をもつ(?)「のみ亭」で
久々に一人弾き語り同士でご一緒します。それぞれのステージ後、数曲ジョイントしますが
これがまたすごく楽しみ。
純粋に音楽を愛する人達が夜な夜な集う
この場所の風景は、
アイルランドを旅した時にみた、
小さな街や村のパブの風景に
本当によく似ています。
そうだ。
歌を弾き語りでうたうということは
シンプルに、こういうことだ。
自分の歌にも、弾き語るという表現にも、
新しく、懐かしく
また新鮮な空気と光を与えてあげられそうな
そんな、風通しのよい初夏。
●6月8日日曜日
「みなづきライブin西荻窪のみ亭」
19:30〜 チャージ1500円+1drink
のみ亭:杉並区松庵3-37-20
サボテン高水春菜×藤井貴子
お問い合わせfujiitakako_info@yahoo.co.jp
(ライブは食べ物持ち込み可!おにぎり片手に歌で語らう夜にしましょ。)
来られる方ご一報下さると、あら嬉し。