● ひょうたん笛をきくの巻

中国楽器のひょうたん笛「フールース」

トップページのライブ詳細情報を更新しました。
5月21日(金)の予定がふえています!
この日は笹塚にあるmusicaというところで
最近お知り合いになった口琴生活者らるふさんの企画ライブです。
口琴、って知っていますか。
口を共鳴させて鳴らす楽器のことで
バネみたいな「ビヨ~ン」とした音が鳴ります。
この日は口琴で一曲あわせてもらえそうなので
今からとってもわくわくしています。
楽器といえばもう一つおもしろい楽器をご紹介。
お手伝いさせてもらってるカフェの常連さんの中に
なんとひょうたん笛奏者の方がいました!
楽器好きの自分は大興奮です。
中国のひょうたん笛「フールース」というそうです。
なんともかわいい形。
音はプワーっと張りのある音で
同時に一つ音が継続して鳴っています。
ずっと途切れず鳴っているので「いったい息継ぎはどこで!?」
と思いましたが、循環呼吸という技法で鼻で息を吸いながら呼吸するそうです。すごいなあ。
中国のある地方の伝統楽器で
愛の告白のために使わる楽器なのだとか。
相手の家の前で気持ちを音楽で表現し、家に招かれその家族達に
認められたところで始めて演奏が終わるのだそうです。
プロポーズのメロディをきかせてもらいましたが
中国独特のうねりのある調べで、確かにしゃべっているようにも
きこえるなあなんて思いました。
楽器、楽しいなあ。
新しい楽器に出会う度に、ここでちらっとご紹介したいと思います。
ああ、もっといろんな楽器を知りたいなあ。
(さて次回ライブは5月1日、阿佐ヶ谷ネクストサンデーです)