ぐっちー店長からの手作りクッキー&メッセージ。泣けます。

花束やお菓子やお手紙・・ありがとう!

オレンジ色のガーベラ(巨大1メートル級)まで!会場でビッグに素敵に揺れていました。

2月3日、
御茶ノ水アコースティックライブハウスKAKADOの5周年。
サボテン高水春菜/Psalm 2man
「ハジマリノオト」
すばらしい夜になりました。
入場で行列ができる程の満員御礼!嬉しい!
来て下さった皆さん本当にありがとうございました!
小心者の自分。
店長から2マンのお誘いをいただいた時から
嬉しい反面、大役を引き受けてしまったのかも・・
と思ったのも正直な気持ちでした。
プレッシャーの中で浮いては沈み、学んでははぐれ、また取り戻し。
そうして迎えたステージは
直前まで生きている心地がしないなんて言っていたのもどこへやら
生きている実感が体の隅々まで満ちていた事に気がつきました。
やっぱりライブっていいなあ。
おおげさなのかもしれないけど・・・ああ生きてるなあ。
楽しかった。本当に楽しかった。
サポートの団長と古山さんに心の底からありがとうを言いたいです。
2日間連続ステージを一緒にすごしてくれて、どれだけ嬉しくて心強かったことか。
どれだけステージの上が楽しかったことか。素晴らしい演奏と二人のあたたかさに感謝です。本当にありがとう。
そして
共演のPsalmさん、はたちかこさん。一緒に共演できたこと、身に余る光栄です。
圧倒的な歌唱力もさることながら
メンバーさんの人柄がとてもあたたかく物腰丁寧な方々で、本当に素敵でした。あたたかく迎えてくれた心配りに感謝しています。
そしてそして
KAKADOぐっちー店長&なべさん。
二人がいたからこの夜がある!いつもいつも本当にありがとう。
こうして呼んでくれて、いつも見守ってくれて、心で接してくれてありがとう。
音楽でお祝いをさせてくれてありがとう。あったかい二人の人柄が生んだ5周年です。
きっと。。。
世の中を見渡せば
歌の上手な人はたくさんたくさんいることでしょう。
拙いところを挙げればきりがない程まだまだな自分。
それでも
それでも、と思うのです。
それでも
これが今の姿。全部全部ひっくるめて精一杯今の自分。
それでも
唄って演奏する人でありたい
歌を届ける人でありたい
やっぱりこの表現を選びたい、と思うのです。
選ぶ、は自分だけにあてはまったことではありません。
会場に集まった方々も、
暮らしを選ぶ、仕事を選ぶ、今を選ぶ。。。選んでいる。
自分のお店を出している人
会社に勤めている人
学校に通っている人
結婚を選んだ人
自己表現を選んだ人
これから新たに選ぶ人
みんなみんな今を選んでいる。
その選んだ今日に、
ステージを通して「大丈夫」が少しでも伝わったなら幸せです。
何より
会場に足を運ぼう、歌を聴きにいこう、と選んでくれた事。
いろんな選択肢がある中で
このKAKADOでの夜を選んでくれた事に
感謝でいっぱいです。
ありがとう。本当にありがとう。
来て下さったスプートニク(=旅の道連れ・旅の仲間)に
すばらしい夜明けが、今日が、訪れますように。
2月3日メニュー
・青い夜(ピアノ)
・木もれ日風景(ピアノ)
・帽子からハトを出したりハッピーバースデーをうたったり。。。
・くるくるとしましま(ギタートリオ)
・絵に描いたような休日(ギタートリオ)
・子守唄のふりで(ギターソロ)
・このまま月影ワルツを(ギタートリオ)
・胸なんかとっくに痛んでる(ギタートリオ)
・さらさら(ギタートリオ)
サボートメンバー
 リードギター 古山ひとしさん(@とも風)
 パーカッション 団長こと熊谷美香さん(@How many sheeps?)
・一緒に帰ろう(ピアノ)
・スプートニクの夜明け(ピアノ)